スポンサーサイト

スポンサー広告 | --.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

正式名称 よりも、時には 呼び名 で

[ SEO 対策 ] テクニック と ノウハウ | 2009.07.04

正式名称で検索されている方ってどれぐらいいるんでしょう?
その物事をきちんと調べようとしたら
やっぱり正式名称が一番なんでしょうねっ。
今日はその辺を考えてみたいと思います。

調べやすいキーワード


ある物事や人物を調べる時には、
その名称や名前で検索するわけですが、
その名称や名前には正式名称だったり、略語、あだ名、呼び名・・・
いろいろ存在するわけです。

例えば、アーノルド・シュワルツェネッガー。
彼のことを調べようとする時、どのように調べますか?
考えてみただけでもけっこうありますよねぇ。
  • アーノルド・シュワルツェネッガー
  • アーノルド・シュワルツネッガー
  • シュワルツェネッガー
  • シュワルツネッガー
  • シュワちゃん

正式名称は発音によって変わってくるのかもしれませんが、
「アーノルド・シュワルツェネッガー」となっています。
しかし、「アーノルド・シュワルツネッガー」と間違っている方も多いと思います。
しかも、正式名称は長いので調べる時には
「シュワルツェネッガー」や「シュワちゃん」といった感じに
簡略化したキーワードで調べる方も多いということです。

競争率を考えよう


ということで、1つの物事にしてもいろいろなキーワードが存在するということです。
なので、どのキーワードに狙いを付けるかが決めてとなります。
そこで考えるのが競争率です。
どのキーワードが競争率が低いのか?
その辺りを考えて
ブログタイトルや記事タイトル、
そして記事内にどのキーワードを持ってくるのか考えてもらいたいです。

正式名称は避けよう


正式名称の場合、やはり競争率はより高くなりやすいです。
ウィキベディアだったり、人物なら公式サイト
物であればたくさんのショップで正式名称が使われています。
ですので、大きなサイトと勝負することになるんですねっ。
これはできるのであれば避けたいところです。

ですので、
「シュワちゃん」や「キムタク」の略語だったり、
英語表記が正式名称のものは、カタカナにして
「Mr.Children」ではなく「ミスターチルドレン」や「ミスチル」。
本なのか?小説?文庫本?
などいろんなキーワードが浮かんできますよねっ。
その中からどれを選ぶかによって大きく変わってきます。

同じ意味でもどのキーワードを選ぶのか?
ぜひみなさんもいろいろ考えてみて、
アフィリエイトで成功するきっかけを掴んでください。
関連記事
人気ブログランキング この記事がお役に立てましたら1クリックお願いします

SEO効果 のある ソーシャルブックマーク は? | ビッグ、ミドル、スモール の キーワード









管理者にだけ表示を許可する
|
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。