スポンサーサイト

スポンサー広告 | --.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アンカーテキストでスモールキーワードを増加

[ SEO 対策 ] テクニック と ノウハウ | 2009.09.09

内部リンクのアンカーテキストの重要で
内部リンクは被リンクとしての効果があると以前説明しましたねっ。
そして、内部リンクのアンカーテキストも大切なSEO対策です。
では、さらにアンカーテキストを発展させて、
リンク先の記事にSEO効果をもたらしましょう。

スモールキーワード


スモールキーワードとは、ビッグキーワードの反対で、
それほど重要としないマイナーなキーワードのことです。
ただスモールキーワードは実は大活躍するキーワードなのです。

例えば、何かを調べようと検索エンジンを使用した場合、
みなさんの求める情報がなかなか見つからなかったらどうしますか?
おそらく、検索するキーワードを増やして調べると思います。
そして、また見つからなければ、さらにキーワードを増やす。
このようにたくさんのキーワードで検索した場合に、
大きな力を発揮するのがスモールキーワードなんです。

ですのでこの場合は、
よりスモールキーワードが多く、スモールキーワードの力が強い記事が
上位に表示されやすくなるということなんです。

検索でヒットする幅を広げる


内部リンクのアンカーテキスト部分は
そのリンク元とリンク先に与えるSEO効果が大きく、
アンカーテキストの中には重要なキーワードをと以前説明しました。

このようにアンカーテキストにはそのリンク先が重要とする
キーワードを入れることがいいのですが、
スモールキーワードを入れることでリンク先の
スモールキーワードが活きてくるということなんです。

ただ単にアンカーテキストをリンク先の記事タイトルにするのではなく、
ちょっと表現を変えて、関連するキーワードを入れることによって、
リンク先のスモールキーワードが力を持ち出すんですねっ。

例えば、この記事の本文内に張ってある内部リンクですが、
すべてリンク先のタイトルを少し変えて、新たなキーワードを含ませた
アンカーテキストになっています。
こうやってその記事のスモールキーワードに力を与えることによって
検索エンジンでヒットする幅を広げてやることで
アクセスアップにも繋がるということなんです。

検索エンジンでの調べ方


昔とは違って、パソコンは当たり前となっているもので、
家に1つはあってもおかしくない時代になっています。
ですので、もしわからないことがあれば
検索エンジンで調べるという風に
生活の中で当たり前になりつつあるんです。

なので、検索エンジンの使い方がほんとにうまくなってきているのです。
求める情報を早く確実に得るために
1つのキーワードではなく、最初から3つほどのキーワードで調べる傾向があるのです。
ですので、いくら1つのビッグキーワードが強くてもダメなんです。
強いスモールキーワードをいくつ持っているのか?
スモールキーワードの強さと量が今後重要となってくるんですねっ。

検索エンジンはすごい早さで進歩していますが、
それを扱う側も確実に進歩していっているということなんですねっ。
しかも、今では携帯電話でも簡単に調べることができます。
今後どんどんと検索エンジンが身近になっていきます。


ということで

検索エンジンの使い方の変化に合わせて
SEO対策をしていくことが大切なんですねっ。
ですので、スモールキーワードがとっても重要になってきています。
ぜひみなさんのブログ内にある内部リンクの
アンカーテキストを使ってスモールキーワードをコントロールしていきましょう。

関連記事


 ≫ 内部リンクは被リンクとしての効果がある
 ≫ 内部リンクのアンカーテキスト
 ≫ アンカーテキストの中には重要なキーワードを
 ≫ 内部リンクを張る効果的な場所とは?
関連記事
人気ブログランキング この記事がお役に立てましたら1クリックお願いします

エーハチネット ( A8.net ) の 報酬結果 | A8.net で 自分で購入して 報酬ゲット
初めまして、harumi707と申します。

人気ブログランキングでお近くでしたので、立ち寄らせていただきました。
しっかりした情報満載の良いブログですね!

見習わなければ...と、反省させられました。

また勉強に寄らせて頂きたいと思います。

どうぞよろしくお願いします。
【2009/07/24 01:16】 | harumi707さん









管理者にだけ表示を許可する
|
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。