スポンサーサイト

スポンサー広告 | --.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SEOにおいて検索エンジンの使い方が鍵を握る

[ SEO 対策 ] テクニック と ノウハウ | 2009.11.26

ネット内にはほんとにたくさんの情報が転がっていて
何か調べようとすると、簡単に情報を得ることができます。
しかし、逆に言えば山ほどの情報があるからこそ
慎重に選ぶべきだと思います。

ということで今回はいかに求める情報を得ればいいのか
ご紹介したいと思います。

キーワードは絞らなければならない


検索エンジンを使って何かを調べた場合、
多くの方々が1ページに出てくる検索結果を元に
情報を得ようとします。

確かに1ページ目にヒットするということは、それだけの理由があって
検索エンジンが1ページ目にヒットするに相応しい
と考えたサイトを表示されているわけです。
しかしそれは検索したキーワードに、より一致するサイトがヒットしたに過ぎず
目的とする情報が1ページ目に見つかるとは限らないのです。
もし調べるキーワードをほんの少し変えてみると、
また違った検索結果になるかもしれないというのを知っておいてください。

検索エンジンの選び方


例えば「SEO Google対策」というキーワードで調べようとした場合
みなさんはどのように調べますか?

これは簡単ですねっ。
Google対策を行いたいわけですから、yahooなどの検索エンジンで調べるのではなく
Googleの検索エンジンを使うべきです。

Googleで1ページ目に表示されているわけですから
それだけで情報は信頼できるものだと考えられますもんねっ。

キーワードを絞り込む


検索エンジンを使って、より良い情報を得るためには「絞り込み」が必要です。
まずはキーワードの絞り込みですねっ。
調べたい情報に関連する2つ以上のキーワードで調べることが理想です。

では、さらに絞り込みましょう。

例えば「おすすめ 映画」で調べるとしましょう。
ただホラー映画は苦手なので
ホラー映画以外のおすすめ映画を調べたい時はどうしますか?
この場合、マイナスの意味を表わす「-(半角ハイフン)」を使って
ホラー映画だけを排除することができるのです。

実際にどのようなキーワードで調べるかというと
「おすすめ 映画 -ホラー」
となります。

これによって、ホラー映画以外のおすすめ映画を検索することができます。
この調べ方を知っているだけでも、
検索結果の1ページ目に、より知りたい情報が揃うはずです。
ですので、このような方法があるというのも覚えておいてくださいねっ。

情報を期間で絞る


以前「検索エンジンとSEOの関係性」の中でもいいましたが
検索エンジンの機能が進化するにつれて
SEOも変化していくわけです。
ですので、検索エンジンに合わせてSEO対策を行こなっていく必要があるんですねっ。
そうっ、SEOに関する情報が昔のものか新しいものかを確認するのが大切なんです。

例えばグーグルで何かを調べたとしましょう。
その時に古い情報なのか新しい情報か調べるのはめんどくさいですよねぇ。
ですので、検索した場合に上の方にある「検索ツールを表示
という機能を使って、最近アップされた記事だけを表示させることができるのです。

この機能を使えばある程度新しい情報を得ることができます。
しかし、ここで注意しておいてもらいたいのですが、
最近紹介されたからといって、新しい情報とは限らないということです。
過去のSEO対策を最近知った人が、記事として発表したものかもしれません。

検索エンジンの使い方をマスターしよう


SEOの情報を得る手段として、ネットは欠かせません。
なのでより良いSEO対策を行いたければ、
検索エンジンの使い方をマスターする必要があるのです。

  • キーワードは絞る
  • 調べたい情報に適した検索エンジンを選ぶ
  • 「-(半角ハイフン)」を使って、さらに絞り込む
  • 「検索ツールを表示」の機能を使って、情報の古いものをヒットさせないようにする



このように良い情報を得るのは難しいことです。
まずは信用できるサイトやブログを見つけることが一番かもしれません。
しかし検索エンジンで調べる時は、
調べ方というものを熟知しておくというのも必要となってきます。
まずは検索エンジンのいろんな機能を使ってみてはいかがでしょうか。
関連記事
人気ブログランキング この記事がお役に立てましたら1クリックお願いします

ロングテールで多くのアクセスと質の高いユーザーを呼び込む | SEO初心者から中級者へ









管理者にだけ表示を許可する
|
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。