スポンサーサイト

スポンサー広告 | --.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スモールキーワードの強化でロングテール対策の最適化

[ SEO 対策 ] テクニック と ノウハウ | 2009.12.02

先日はロングテールがSEOにおいて重要と説明しましたねっ。
やはりビッグキーワードで上位にヒットすることも素晴らしいですが、
スモールキーワードが強いブログの方が
アクセス数は多いと思いますし、質の高いユーザーを呼び込むことができます。

ということで、今回はロングテールを強化する方法をご紹介したいと思います。

記事数を増加させよう


ロングテールに対応するためには
やはりスモールキーワードの量を単純に増やす必要があります。
ですので、一番簡単なのが記事数を増やすということです。

これによってスモールキーワードの量がどんどん増えます。
しかし、内容のないダメな記事を単純に増やしていくだけではダメですよ。
質の高い記事を作ることが大切です。
そして、質の高い記事を作るということは
自然に記事内の文字数も必然的に増えますし、
記事内のスモールキーワード数も増えていくのです。

といいましても、
記事を書く上でスモールキーワードは気にしなくていいです。
記事の内容に関連していないキーワードを詰め込むのはやめて下さいねっ。

キーワードを分断する


キーワードを分断するという意味は
検索での調べ方に関係がしています。

例えば、この記事のタイトルで考えると
ロングテール 最適化

のように検索されてヒットする場合が考えられます。

しかし、キーワードの調べ方はいろいろあって
スペースでキーワード同士を空ける場合もありますが
キーワードとキーワードの間に「の」「を」などの
語句を入れて調べる人もいるのです。

なので
ロングテール最適化
ロングテール最適化

のような感じで検索される場合もあるんですねっ。

ですので
キーワードとキーワードをくっ付けるのではなく
時には間に語句を挟むのも効果があります。

ちなみにこの場合、検索エンジンのYahooにおいては
キーワードとキーワードの間に語句を入れておいた方が
「ロングテール最適化」のようにキーワードをくっ付けた熟語で検索された場合
ヒットしやすくなります。

これに関しては、またいつかご説明したいと思います。


内部リンクのアンカーテキストを使う


これは以前、アンカーテキストの最適化をご説明しましたねっ。
そちらを読んでいただければわかると思います。

単にリンク先の記事タイトルを
そのままアンカーテキストにするのではなく
  • リンク先の記事タイトルをもじる
  • リンク先の記事タイトルにスモールキーワードを加える
  • リンク先の記事内にあるスモールキーワードの中から1つだけ選んで使う
  • リンク先の記事内にあるスモールキーワードを組み合わせる
  • 「以前の記事」「こちら」などのアンカーテキストも使ってみる

といった感じでアンカーテキストの最適化を行ってみてはいかがでしょう。
これによってリンク先の記事内にあるスモールキーワードが強くなります。

アンカーテキストの注意点


といいましても、
毎回アンカーテキストを変えるのはやめておきましょう。
スパム扱いされてしまいますからねっ。
なので
例えばある1つの記事に対してアンカーテキストを張る場合、
3~4通りのアンカーテキストに絞ってやるというのがいいと思います。
時には記事タイトルそのままのアンカーテキストも使いましょう。
あと、もちろんですがテーマに関連する記事に対してリンクを張ってくださいねっ。

初心者の方は実行に移す前に知っておいて下さい


といろいろと説明してきましたが、
SEOを知り尽くした方で、上記のことを知らなかった場合、
注意点は特にないです。ぜひ実行してください。
おそらく自分のブログを熟知していて、
さらにSEOを実行に移す度合いを心得ていると思います。

しかし、まだまだ勉強中という方にはぜひ覚えておいてもらいたいことがあります。

スモールキーワード、そしてロングテール対策のために
内部リンクのアンカーテキストによる最適化は人為的に何とでもなります。
人為的にどうにかなるということはスパムになる可能性がありますし、
いずれそれ自体に効果を無くす可能性もあるということです。

ですので
外部リンクからの被リンクのアンカーテキストには効果を残しつつも
内部リンクに関してはリンクジュースを流すだけであって
アンカーテキストによるスモールキーワードの強化は意味がなくなる可能性もあります。
逆にスパムと判断される危険性があるということです。

すべての内部リンクのアンカーテキストを
きちんとリンク先の記事タイトルにするのがいけない理由がありませんもんねっ。
それよりもスモールキーワードを詰め込んだ
いろんな種類のアンカーテキストの方がいい加減な感じがします。

よく「こちら」にリンクを張るのはもったいないと
言われていましたが、
ユーザーの目線で考えると、とても親切でわかりやすいリンクですし
評価を上げることはないにしろ、下げることは決してないでしょう。

なので今のSEO対策を行いつつも
変化するSEOにも柔軟に対応していけるブログを作れる力が必要です。
このことに関しては初心者から中級者になるための方法を以前説明しましたねっ。

そうっ、自然であれば変化するSEOにも対応しやすくなります。
だからといって何もしないわけではなく、
スモールキーワードの強化を不自然ではなく、自然に見せながら行うということです。
かなり難しいですが、
「自然なSEO」をテーマに頑張ってみてください。


関連記事
人気ブログランキング この記事がお役に立てましたら1クリックお願いします

FC2でdivタグを使ってタイトルバーを作る方法 | ロングテールで多くのアクセスと質の高いユーザーを呼び込む
はじめまして。ブログランキングから来ました♪

SEOとかちょっと苦手な分野なので、それを簡単に説明してくださって、参考になりました^^


キーワードについて、これから意識して記事書こうと思いマス。
Pochi
【2009/12/03 23:07】 | セリナ☆アフィリエイトカフェさん
 【セリナさんへ】

はじめまして、セリナさん。
コメントありがとうございます。

SEOは難しいですよねぇ。
でも一番のSEOは、質のある記事を書くことなので
簡単ではないにしろ、今から始められることだと思います。
できるだけ簡単に説明できたらいいなぁと思っていますので
参考になれれば嬉しいです。

応援ありがとうございます。
ご訪問ありがとうございました(^^)
【2009/12/04 01:50】 | パッチさん









管理者にだけ表示を許可する
|
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。