スポンサーサイト

スポンサー広告 | --.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アドセンス広告のクリック率がアップする配置場所

[ アフィリエイト ] Google Adsense | 2010.02.26

アドセンス広告の配置場所というのは
とても重要ですよねぇ。
配置場所を少し変更するだけで
クリック率がアップすることもありますもんねっ。

そこでアドセンス広告のクリック率がより上がる
最適な配置場所はどこなのか考えていきましょう。

アフィリエイト広告とアドセンスは同じ


以前、アフィリエイト広告のクリックされやすい場所をご紹介しましたが
基本的にはアドセンス広告も同じです。
ですのでアフィリエイトで成功されている方なら
アドセンス広告の配置場所も自ずと見えてくるんですねっ。

なのでSEOで成功しているサイトよりも
アフィリエイトで成功しているサイトを参考にするのが一番だと思います。
いわばこれは商売みたいなものなんですねっ。

ブログだけでなく、この場合はネットショッピングサイトも
けっこう参考になります。
といいましてもそのようなサイトはアドセンスはやっていません。
しかし、商品を売るために
いろいろな創意工夫をしているはずなんですねっ。
ですので、自分のブログと比較しつつ
配置場所を考えていくことも大切なんです。

押えておきたい配置場所


  • ヘッダー(記事上部)
  • 記事の終わり
  • サイドの一番上

この3つの場所はけっこう有名で
いろいろなブログなどでも配置されています。
ですので、この3つの中で
もし設置できる場所があるのであれば
アドセンス広告を配置してみてはいかがでしょうか。

ページが表示されるまでの時間を利用する


たまに思いサイトだったり
お使いのパソコンの処理能力が低い場合、
訪問したサイトの表示時間が長い時がありますよねっ。
この場合、2通りのパターンが考えられると思います。

  • ページを読み込むのを待たずに目的の内容が記載されている場所に向かってスクロールしていく。
  • ページを完全に読み込むのを待ってから、スクロールしていく。

この場合、みなさんはどうしていますか?
性格によってこれは変わってくると思いますが、
ページを完全に読み込むのを待つ人がポイントなのです。

完全に読み込むのを待つ場合、
どのようにしてその時間を過ごしているのか?
この間に席を立って、飲み物を取りにいったり、トイレに行く人。
または、たばこに火を付ける人。
要するに、この間、画面を見ている人もいるということです。
ですので、完全には表示されておらず目的の情報が表示されていないが、
とりあえず画面に表示されている情報だけでも
読んでいる人がいるということが重要なのです。

もしその画面内にアドセンス広告が表示されていたら
目に止まる確率が上がるということです。
そして、それは同時にクリック率もアップするということなんですねっ。

アドセンスとはまず
  • 目に止まり
  • 文章を読み
  • クリックするか考える

この状態をいかに多く作れるかが鍵を握ります。

あえて、ページを重くする必要はありません。
しかし、最初の開いた画面内にアドセンス広告が目に入るようにするのは
とても効果的に働くこともあるということです。


このように

アドセンスの場所によってクリック率というのは変わってくるんですねぇ。
ただスペースが空いていたから、アドセンスを置いてみたというだけでは
なかなか報酬には繋がりにくいものです。

ということで

みなさんのブログにアドセンスを導入されているのであれば
今一度表示されている位置や場所をチェックしてみましょう。
アフィリエイト広告にも同じことが言えますが、
もしかすると、少しアドセンスや広告を移動させるだけで
一ヶ月の報酬が変わってくるかもしれませんよっ。
関連記事
人気ブログランキング この記事がお役に立てましたら1クリックお願いします

アンカーテキストが評価される内部リンクの数 | 「カスタム チャネル」を設定してアドセンス広告の管理と分析









管理者にだけ表示を許可する
|
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。