スポンサーサイト

スポンサー広告 | --.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Google と Yahoo! と Bing の3つのクローラーを比較

[ SEO 対策 ] Yahoo! と Bing 情報 | 2010.01.27

今回、少しクローラーと
インデクサー(インデックスする作業)の性能を
検索エンジン別に考えてみましょう。
そして、そのエンジンはやはり

  • Google
  • Yahoo!
  • Bing

この3つですねっ。
ぜひこの機会に考えてみましょう。

性能の順位


  1. Google
  2. Yahoo!
  3. Bing

もういきなりですが、順位はこうなります。
まだ初心者という方は知らなかった方もいるかもしれませんが
1位はグーグルなんですねっ。
そして、2位にヤフー、3位にBingという風になります。

まぁこれは常識みたいな知識なので
全然新鮮な情報ではありませんが、
知らなかったという方は、ぜひ覚えておいてください。

日本においてはYahoo!JAPANが1位ですが
世界においては圧倒的にグーグルが天下なんです。

Google はすごい!


グーグルのロゴ

グーグルは文句の付けようのないぐらいすごい性能の
クローラーを持っています。
世界シェアNO.1の理由はまさにこれですねっ。

例えば、記事を書いて数分後にはインデックスされている場合があります。
もちろんある程度評価を得ているサイトですが
グーグルはクローラーとインデクサー(インデックスする作業)が
ずば抜けて優れています。

いわば、SEO対策していないサイトでも
きちんとインデックスしてくれるんですねっ。
逆にいえば、質の高い記事を書くことだけでも
十分にSEO対策となる検索エンジンなんです。

日本シェアNO.1の Yahoo!


ヤフーのロゴ

日本では一番使われている検索エンジンがYahoo!です。
性能としてはGoogleよりも劣っているのに
なぜ日本ではYahoo!が一番人気なのかが疑問なところですねっ。

グーグルと比較してみると
クローラーの性能はかなり劣ります。
まぁ、グーグルがずば抜けているというのもありますけどねっ。
プロ野球選手と草野球チームぐらいの差があると思います。

インデックスされるのもかなり遅いです。
まずクローラーがなかなかサイトに遊びに来てくれないんですよねぇ。
なので、ニュースから拾ってきた情報などの
スピードを重視する記事をブログで紹介されている方にとっては
かなり厳しい検索エンジンになっていると思います。

なので、インデックスにはかなり時間がかかります。
気長に待ちましょう。

新検索エンジン Bing


Bingのロゴ

もちろん3位ということですから、性能はかなり落ちます。
先ほど
グーグルがプロ野球選手で、ヤフーが草野球チームといいましたが
Bingは小学生みたいなものです。
圧倒的に劣っているんですねっ。

Bing Webmaster Center」などでインデックス数を調べると
グーグルやヤフーなどと比べて、極端に少ないですよねっ。
このように、Bingの場合はなかなかインデックスしてくれません。

待っているだけでは、何も変化がないのがBingです。
こっちからアクションを起こさないとダメなんですねっ。

まとめ


  • Google
    何もしなくてもいいぐらいのずば抜けた性能を持っている。
  • Yahoo!
    性能は劣るが、時間をかければインデックスしてくれる。
  • Bing
    極端に性能が劣る。インデックス機能が弱い。

こんな感じになりました。
グーグルが敵なしといった感じですねっ。

ただ、Yahoo! は Bing の検索エンジンを導入することになります。
Yahoo!とBingが検索事業で提携を結んだということです。
これにより、おそらくBingの機能は飛躍的に上がると思います。
Yahoo!の性能を取り入れたBingが誕生するということです。

それでもグーグルには敵わないでしょうが
Bingがどのように進化するかが注目ですねっ。
そして、どのように変わるかによって
Yahoo!もSEO対策を考えていかなければいけませんねっ。
関連記事
人気ブログランキング この記事がお役に立てましたら1クリックお願いします

Yahoo!がBingに移行するまでに今やっておくこと | 初心者の方必見! Yahoo!の検索エンジンが変わりますよっ!









管理者にだけ表示を許可する
|
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。