スポンサーサイト

スポンサー広告 | --.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グーグル対策としてページ表示速度を速くしてみた

[ SEO 対策 ] Google 情報 | 2010.01.04

少し前にグーグルが
ページの表示速度を検索結果に影響させるかも?
とご説明しました。
ということで、その対策として、
少しブログ全体をカスタマイズして表示速度を速くしてみました。

表示速度を考えたブログ作り


今だにページの表示速度ががそれほど大切だとは思っていません。
遅すぎるというのは問題があると思いますが
普通に利用していて支障の無い程度であればいいと思っています。
なんといってもブログのクオリティが一番大切ですもんねっ。

ただ、グーグルが提供している「グーグルウェブマスターツール」で
「パフォーマンス」という項目が追加されましたし、
ページの表示速度(読み込み時間)を分析して
グラフによって教えてくれていますよねっ。
しかもその対策まで教えてくれているので、
それだけグーグルが力を入れているということですもんねっ。

あと一番気になるのが、マット・カッツ氏の発言です。
グーグルのエンジニアであるマット・カッツ氏が
表示速度をPageRank算出に用いる要素の1つとして考えていると
イベントで発言しましたので、
これは・・・無視できません。

ということで
今回、その対策として表示速度速くしてみました。

スタイルシートをもっと活用


まぁ、これは基本になってきますが
表示速度を考えなくてもSEOにおいて外部化は大切ですよねっ。
多くのブログでやっていることだと思います。

簡単にいいますと
スタイルシートで指定していおくということですねっ。
HTMLで指定するのではなく
スタイルシートで指定するようにしましょう。

といいましても、多くのブログがこれを考えてやっているはずです。
しかし、さらにスタイルシートで指定しておくのです。
丁寧に細かく指定するということですねっ。

表示されればいいというわけではなく、表示されやすくするということです。

速くなってますか?


もともとシンプルなブログなので
もともとそれほど遅くはなかったのですが
それでもやってみるとけっこう速くなりました。

一番重いページは「サイトマップ」のページだと思いますが
けっこう速く表示されるようになったと思います。
もちろん、見た目には変えていないのでわかりづらいと思いますが
表示速度を意識してブログを作ってみると
けっこういろいろとできるものですねっ。


ということで

みなさんのブログの表示速度はどうですか?
カスタマイズは少し知識が必要となってきますので
難しいかもしれませんが
もし必要のないブログパーツや画像などがあれば
無くしてみるというのも考えてみましょう。
関連記事
人気ブログランキング この記事がお役に立てましたら1クリックお願いします

リストを作る時は<li>タグを使おう | エーハチネットでの2009年下半期の報酬結果を振り返る









管理者にだけ表示を許可する
|
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。