スポンサーサイト

スポンサー広告 | --.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Yahoo!がBingに移行するまでに今やっておくこと

[ SEO 対策 ] Yahoo! と Bing 情報 | 2010.01.29

Bingのロゴ


以前、Yahoo!の検索エンジンが変わると説明しましたねっ。
Yahoo!がMicrosoftと検索事業で提携するということで
Yahoo!がBingを導入するということです。
ですので、SEO対策も今までとは変わります。

ということで
導入されるまでに今何をやっておけばいいのか?
その辺りを簡単に説明したいと思います。

まだまだ発展途上


Bingに変わるといっても、
今のところどのように対策をしていいのかわかりません。
Bingのページを見てもわかりますが
まだベータ版ですし、まだまだ発展途上ということです。

このことをまず頭にいれておく必要があります。
そうっ、まだまだ発展途上ということが重要なのです。

基本的には変わらない


例えば、被リンクはSEOにおいてとっても大切な要素ですよねっ?
それはグーグルにおいてもヤフーにおいても一緒です。
ということはBingも同じなのです。

検索エンジンが変わるとしても
そして、それがまだどのように変わるかがわからない状態であっても、
SEOの基本的なことは変わらないということですねっ。

グーグル対策をやっておく


ヤフーが変わるということは、
ヤフーからのアクセス数が見込めなくなる可能性があるということです。
だからといって
まだ発展途上で変化しつつあるBingに向けて
SEO対策をやっていくというのはとっても難しいことです。

ではどうすればいいのか?
それは今日本においてシェア2位のグーグルから
目を背けることはできませんよねっ。
少しずつグーグル対策を考えていかなければいけないということです。

今、やらなければいけないことは
わからないものに目を向けるのではなく
わかっているものを押さえておいた方がいいということです。

ですので

今の段階で、もしグーグルに嫌われていたとしても
グーグルを避けていてはいけないということです。

インデックス数を調べてみましょう


では今現在、Bingにインデックスされている数はどれぐらいですか?
グーグルやヤフーに比べて少ないという方が多いと思います。

グーグルやヤフーの場合、
何もしなくても勝手にサイトを見つけて
知らぬ間にインデックスしてくれます。
しかし、クローラーの比較でも説明しましたが
Bingの場合はなかなかそうはいかないんですよねっ。

グーグルやヤフーに比べると
インデックスされるのにもかなり時間がかかります。
ですので、
Bing Webmaster Center」への登録をしておいた方がいいでしょう。

そう考えると、グーグルとヤフーよりも
サイトマップ登録の効果で考えると、Bingが高いでしょうねっ。
なので、今のうちに登録しておいて
少しずつインデックス数を増やしておきましょう。

グーグルやヤフーのサイト管理ツールとは違って
Bingの「Bing Webmaster Center」は日本語対応していませんので
英語表記になっています。
なので、サイトを登録するのに少し抵抗を感じるかもしれませんが
しかし、英語であろうが
今できることの一番簡単な方法だと思います。
関連記事
人気ブログランキング この記事がお役に立てましたら1クリックお願いします

Yahoo!のペナルティ(TDP)をチェックする方法と調べ方 | Google と Yahoo! と Bing の3つのクローラーを比較









管理者にだけ表示を許可する
|
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。