スポンサーサイト

スポンサー広告 | --.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

h1 タグ ( 見出し タグ )の 使い方

[ SEO 対策 ] TITLE META タグ の 最適化 | 2009.05.19

h1 ~ h6 タグ というのをご存知ですか?
いわばブログ内の「 見出し 」に使う タグ です。
ということで今回は、
h1 ~ h6 タグ の 使い方 をご説明したいと思います。

h1 タグ ( 見出し タグ ) とは?


簡単に説明しますと、ブログ内にある 見出し に使う タグ です。
h1 から h6 まであって、h1 が一番 重要度 が高く、
数字が増えるに従って、重要度 は下がっていきます。
h1 タグ などを使って重要な語句やキーワードを指定することにより、
検索エンジンにそのページ内の重要な語句として認識してもらうんです。

使用回数 と 順番


h1 はページに必ず1つです。
そして h2 以降は何度使っても大丈夫です。
しかし、基本的に h5 と h6 は使う必要はないと思います。
見出し に使うということですから、
1つのページにそんなにたくさんの 見出し は必要ありませんもんねっ。

あと使う 順番 というのがあります。
順番 の道というのはクローラーが辿るHTMLの道のことです。
まず最初に来るのが h1。そして次に来るのが h2。
では次は・・・ h2 か h3 です。
h3 と思われたかもしれませんが、
h2 は何度使ってもいいので、再び h2 でもいいんですねっ。
そして h3 の次は・・・ h2 か h3 か h4 です。
数字を飛び超えることはできませんが、隣合う数字であればオッケーなんです。

正しい 使い方


  1. h1 は1ページに1度だけ。
  2. h2 以降は何度使ってもよい。
  3. 隣合う数字を順に使っていく。
  4. 数字を戻ることはできるが、数字を飛び越えて使うことはできない。
  5. h5 と h6 は使う必要はない。

  • h1 → h2 → h2 → h3 → h2 → h3 → h4 ( 正しい 使い方 )
  • h1 → h1 → h2 → h3 → h2 → h4h2 ( 間違った 使い方 )

例を出して説明しましたが、どこが間違っているかわかりましたか?
h1 を2回使ってますし、h4 と h2 は数字を飛び越えて使ってますよねっ。

ただ、間違った使い方をしても検索エンジンはきちんと理解してくれます。
検索エンジンも進化しているということですねっ。
でもやはり 正しい 使い方 の方がいいので、覚えておいてください。

この ページ での 見出し タグ


この私のブログのこのページでの、見出し タグ の使用場所をご紹介しますねっ。
少しでも参考になれれば嬉しいです。

  • h1 (ページの一番上)
    h1 タグ ( 見出し タグ )の 使い方 (ブログ で SEO対策 と アフィリエイト)
  • h2 (h1のすぐ下)
    h1 タグ ( 見出し タグ )の 使い方 の 情報。
    h1 タグ ( 見出し タグ )の 使い方 に関する FC2 ブログ での SEO 対策 と アフィリエイト の 情報 です。
  • h2 (記事のタイトル)
    h1 タグ ( 見出し タグ )の 使い方
  • h3 (記事の中の見出し)
    h1 タグ ( 見出し タグ ) とは?
    使用回数 と 順番
    正しい 使い方
    このページでの 見出し タグ

こんな感じになっています。
h2 と h3 はけっこう使っていますが、h4 以降は使ってないですねっ。
たまに変更したりしますが、今のところはこんな感じで 見出し タグ を使っています。

みなさんのブログではどのようになっていますか?
狙っているキーワードとは関係のない部分が
見出し タグ で設定されていたりする場合や
正しい 使い方 ではない場合は変更する必要があると思います。
HTMLの知識がなく、よくわからないという方は
以前の記事「キーワード 重要度 を チェック」の中で
調べることのできるツールを紹介していますので、
ぜひご利用ください。

あと「見出しタグの設定方法」はまたの機会にご説明しますねっ。
関連記事
人気ブログランキング この記事がお役に立てましたら1クリックお願いします

FC2 で カテゴリー を ツリー化 | 検索エンジン と SEO の関係









管理者にだけ表示を許可する
|
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。